苦しい鼻づまりや花粉症・いびきの原因の鼻づまりのおすすめ解消方法

さて、鼻づまりは市販の点鼻薬(実は血管収縮剤)であたかも即効的に解消されるかに見えますが、実のところ、単にその場限りの生体反応で、常用すればかえって薬剤性の鼻炎を起こして、鼻づまりは悪化します。

また、世の中には甜茶というお茶があって、これが花粉症に効くとか、鼻が通るようになるとか言われる向きがあります。

確かに甜茶に含まれるタンニンやポリフェノールはヒスタミンの分泌を抑えてくれますので、鼻のアレルギーには効果的であるとされています。

ですが、甜茶に抗菌作用があるわけではありませんし、炎症を抑える作用も実はありません。ですので、グズグズした鼻がスッキリすることには十分ではなく、ハッキリ言って、期待できないのが残念です。

耳鼻科では血管収縮剤ではなく、ステロイドの点鼻薬でアレルギーだけでなく炎症を抑えますし、抗生剤(抗生物質)で菌を殺します。

ですが、抗生剤は良く効く場合でも、体にとって必要な良い菌まで殺してしまうわけですし、ステロイドは点鼻薬ならば、副作用も体全身ではなく、その鼻の粘膜の局所に限られるとされてはいるものの、鼻の粘膜の刺激感や乾燥感といった症状として現れ、長くかかれば問題の鼻の粘膜そのものに害を残します。

さらに抗生剤は実際のところ一般に、鼻の病気はスッキリ治らず耐性菌を生み出し、むしろ難治化してとかく慢性化してる場合が多いようです。症状も良くならない場合、いつまでも服用する抗生剤やステロイドの点鼻薬も後は副作用を生み出す一方になってしまいます。これらの薬も、もし短期で完治されなければ役に立たないと言えそうです。

もしかすると、あなたも、もうこの段階まで来ているのかもしれませんね。そうだとすると、いったいどうしたら良いのか、目の前が真っ暗になっているかもしれませんね。

当初は、市販の点鼻薬でスッキリ鼻が通ったのが、まさに嘘だと気づいた時から、もう既に遅すぎていたのでしょうか?

でも、諦めるのは早すぎます。こうした副作用を伴わないで鼻づまりを解消させる方法はあります。しかも、簡単に。

その前にまず、ここでちょっと確認ですが;

ここで求められているのは、今すぐ鼻づまりが解消する作用ですか?
それとも、長期間に渡って使用しても副作用のない、強い抗菌作用と炎症を抑える力でしょうか?

あなたはもしかして、今でも即効で鼻が通ればそれで満足でしょうか?
それとも、副作用を伴う薬には頼らない解決策をお探しでしょうか?

前者の方には私、爽快ソムリエ スース―はお手伝いできないかもしれませんが、あなたが後者の方なら、こちらへお進みください。

↓↓↓↓クリックしてください↓↓↓↓

このページの先頭へ