苦しい鼻づまりに効く市販の点鼻薬は解消法になるのか??

鼻づまりになると、とかく、どの薬が最も鼻の通りがよくなるかと、気になって、そうした薬を追い求める人がいます。

薬局には鼻づまりのスプレーなども多数売っていて、それを使うと即効で一見、鼻がすーすー空気が通るようになるものもあります。余談ですが、耳鼻科でも健康保険の適用でそうした鼻の通りが良くなるスプレー点鼻薬も出してはくれます。

あなたももしかしたらもう既に、そうした鼻炎スプレーが手離せない、という人かもしれませんね。そりゃあ、自分の体の事ですし、呼吸は1日24時間すぐ間近で行われてることですから、不快な辛い鼻詰まりには気が休まらないのももっともなことです。

でも、安易にただ単に鼻の通りが良くなることだけに的を絞って追い求めるのもちょっと考え物です

鼻の通りが良くなりさえすれば、たとえ後でより大きな問題が生じても関係ない、それで鼻づまりの問題は解消だ、という方はもしかするとそうした姿勢で鼻づまりの解消方法をあちこち追い求めてもいいのかもしれません。

もしかすると、花粉症とかアレルギー性鼻炎とか病気などを持っていて、それが改善されれば苦労はないが、それができないから、せめて呼吸だけでもちゃんとしたいんだ、というつもりなのかもしれませんね。

でも、鼻づまりの解消方法を追い求めるにしても、最悪でも現状を悪化させることなく改善できる方法を見つけ出さなければ意味はありません。 鼻の病気等を悪化させてしまえば、たとえ鼻が通ったとしても、それは正しい鼻づまり解消とは言えないでしょう。

実は市販の点鼻薬はそうした問題含みな薬だったりするのです。市販のほとんどの点鼻薬には実は血管収縮剤が入っています。これは、鼻の粘膜の血管を収縮させることによって、鼻の粘膜の腫れを取ってるように見せかけて鼻づまりを解消してるにしか過ぎないものだったりします。 

これはつけたその場では鼻の通りはとても良くなりますが、数時間も経過すると鼻づまりは元に戻ってしまいます。 これを続けて使っていると次第に効いている時間は短くなって、しまいには効かなくなってしまうばかりでなく、薬剤性の鼻炎を起こしてしまい、鼻づまりは結果として逆に、難治性のものとなってしまいます。

ですので、市販の点鼻薬、血管収縮剤は常用してはいけない薬だと覚えておきましょう。それでは、私、爽快ソムリエ スースーのおすすめする簡単にできる鼻づまりの解消法とはどういうものなのでしょうか?

お待たせしました。 こちらからどうぞ --> クリック

このページの先頭へ